【体験談の投稿者】安田様(滋賀県 女性 40歳)

元交際相手が知人からの借金を繰り返し、返済に悩んでいました。
私は何とかしてあげたかったので消費者金融で借り入れを行い、それを元交際相手に渡していました。
一度借り入れを行ってしまうと感覚が麻痺して今月はピンチだなと感じると気軽に借り入れを行うようになりました。
いつの間にか複数の消費者金融から借り入れを行い、返済しても返済しても完済のメドがたちません。
友人や家族にお金を借りて努力しましたが、それでも追いつかず地方に出稼ぎに行ったりと5年程度苦しみました。

取立ては厳しかったです。大手の消費者金融は郵送の督促がメインでしたが、マチ金だと自宅は勿論、遠い親戚の家にまで押しかけましたからとっても恥ずかしく毎日悩みぬいていました。

債務整理するきっかけになったのは、弟の結婚が決まったからです。
家族として恥ずかしいからどうにか軌道修正してくれと懇願されたので必死で情報収集したところ、法律の専門家に頼ればなんとかなる事が解りましたので、債務整理を決意しました。

行政書士からは返済の期間が長期間にわたっているので、支払い超過分の利息を返してもらえる過払い金返還請求を提案されました。
この方法だと自己破産のようなデメリットも無いし、消費者金融とは書類でのやり取りですから心労の負担も少ないですと説明をされました。
打ち合わせでは私の収入や、住まい、家族についてなど幅広いヒアリングに勤めてくれましたので、自分にピッタリの債務整理が行えたと感じています。

過払い金返還請求は行政書士が書面で消費者金融に返還を求めましたら、異議申し立ても無くスムーズに示談が成立しましたので、結果的には200万円ものお金が手元に戻ってきました。

過払い金返還請求は失うものが無いためリスクが少なく、取り立ても瞬時にとまりますから非常に安心できました。
また、借り入れに関する明細書等を紛失していても行政書士が何とかせてくれましたから依頼して本当に良かったです。